老化の仕組みや老化を防止する食べ物、老化を進行してしまう食べ物などについて解説します。特に老化を防止する食べ物を多く摂取することで、老化を防止するアンチエイジング効果を発揮させて長寿を目指しましょう。

086945

老化の仕組み

そもそも老化とはどのような仕組みで起こるのでしょうか?
以下のように、細胞の酸化やたんぱく質の糖質化など、老化には様々な要因があります。

酸化

体内の活性化酸素により酸化が進むと、生活習慣病や肌荒れなどの老化が促進されてしまいます。肌のシミやシワも、肌の酸化により引き起こされます。従って、老化を防止するために、体内の酸化を防止する対策が必要となります。

糖質化

たんぱく質が糖と結びつくと、たんぱく質の糖化が発生します。この糖化したたんぱく質により、体や肌の老化が促進されてしまいます。例えば、糖がコラーゲンと結びつくと、肌の硬化が進み、肌の弾力性が失われてしまいます。

また、体内が糖質化されると、血液の流れも悪くなって老化が進み、動脈硬化などが引き起こされます。

腸内環境の悪化

腸内の悪玉菌が増えると、腸内に毒素が発生して体内をめぐることで老化が促進され、肌荒れも発生します。この場合、腸内の善玉菌を増やす必要があります。

骨の老化

骨の老化が進むと骨粗しょう症になり、骨が折れやすくなります。骨の老化を防ぐには、牛乳などからカルシウムを摂る必要があります。

老化を防止する食べ物

上述した酸化や等質化などを防止する食べ物について紹介します。

緑黄色野菜

にんじん、小松菜、かぼちゃ、モロヘイヤなどの緑黄色野菜には、β―カロテンが多く含まれており、抗酸化作用を発揮して酸化による老化を防止してくれます。

トマトに含まれるリコピンには、強い抗酸化作用があり老化を防止し、美肌効果も発揮することで非常に有名です。

428885

発酵食品

納豆や漬物などの発酵食品には、強い抗酸化作用があるため、体内の酸化(老化)を防いでくれます。

175411

ナッツ類

アーモンドなどのナッツ類も抗酸化作用がある食材です。特にアーモンドには、ビタミンEも豊富に含まれ、「しわ」の原因となる糖化を防いでくれる美肌効果があります。

308661

たんぱく質

卵、鮭、鶏肉、豆腐などのたんぱく質は体を構成するために不可欠な食材であり、若い体を保持するために、十分にたんぱく質を摂取する必要があります。

大豆に含まれるイソフラボンにも高い抗酸化作用があり、女性ホルモンを促進する美容効果もあります。

087139

お茶

お茶に含まれるカテキンには抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果が発揮されやすくなります。お茶の例としては、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ほうじ茶、プーアル茶などがあります。

144749

ヨーグルト

ヨーグルトのオリゴ糖により善玉菌が増加し、腸内環境を整えてくれます。

daf3c2d6f2988226e5dc9a74133d6dbd_s

ベリー系の食品

プレーン、レーズン、ブルーベリー等のベリー系の食品は、抗酸化指数(ORAC)が非常に高く、体内で生じた活性酸素を除去する効果がります。

226726193203426ca6662cdf22bbc046_s

バナナ

すべての食品の中でバナナは最も抗酸化作用が強い部類に属します。また、バナナには食物繊維も豊富に含まれており、非常に健康的な食品です。

2c8a1f56f10d87c216c5bd3522c5f5d5_s

オメガ3を含む食品

油(不飽和脂肪酸)であるオメガ3には、炎症を抑制することで、老化を防止し、美肌効果があることでもよく知られています。また、オメガ3は、アメリカなどでは、健康的なサプリメント成分としても非常に有名です。
マグロ、イワシ、ウナギ、イワシ、サーモンなどの魚類には豊富にオメガ3が含まれています。

乳製品

牛乳・チーズなどの乳製品をとることで、骨の老化を防止し、骨が丈夫になり骨折しにくくなります。

109286

老化を防止するために避けたい食べ物

炭水化物

白米、パンなどの炭水化物は、エネルギーの元となる重要な食材です、一方、この炭水化物は、血糖値が上がりやすいGI食品であり、多く摂取することで体内の糖質化が進んでしまいます。

従って、炭水化物の過剰摂取は避けて、食べる量は少なめにしましょう、もしくは、白米の代わりに玄米を食べるのおすすめです。玄米のGI値は、かなり低く血糖値が上がりにくい食材です。

炭水化物の食べる量を減らす炭水化物ダイエットの詳しい記事はこちらです。
炭水化物ダイエットの効果とやり方

甘いもの

甘いものを食べると、体内の糖化(老化)が進行することになります。特に、甘いものを食べると脳が「シュガーハイ」状態となり、さらに甘いものを食べたくなるので要注意です。例えば、ソーダなどの甘い飲料水もできるだけ控えたほうが老化防止になります。

揚げ物

油で食材をあげると、過酸化脂質が発生します。この過酸化脂質が増えると、体内の参加進み、老化が促進されてしまいます。また、同じ鶏肉でも、唐揚げは、水炊きに比べると10倍老化しやすいとされています。

  • 関連記事

※サーチュイン遺伝子を活性化させて、長寿・老化防止を目指す記事はこちらです。
【長寿・老化防止!】サーチュイン遺伝子を活性化させる方法・食べ物

※紫外線から肌を守る食べ物に関する記事は、こちらに詳しく書かれています。
【シミ防止・美白効果】紫外線から肌を守る食べ物とは