行きつけの歯医者の歯科衛生士さんに勧められて、ヒノペリオという歯磨き粉を使ってみました。使ってみた結果、まあまあ効果があったので、その詳細について解説します。
 

ヒノペリオとは

 ヒノペリオは、5つの薬用成分からなる歯磨き粉で、歯周病、歯石沈着などを防止します。
 
ヒノペリオはなぜか薬局では手に入らないため、通常、アマゾンや楽天などの通販か、直接歯医者で購入することになります。不思議な販売戦略ですよね(笑)。
 
昭和薬品 ヒノペリオ60g 医薬部外品
 

ヒノペリオの効果

 
ヒノペリオの効果は、以下の5つもあり、歯の状態が改善・強化される仕組みです。ヒノペリオを勧められた歯科衛生士さんは、一石5鳥といっていました(笑)。
 

ヒノキチオールの抗菌作用

 

ヒノキチオールは、台湾ヒノキや青森ヒバに含まれる成分で、強い抗菌作用があります。
 
ヒノキチオールの抗菌作用により、歯周病の原因となる細菌、真菌を退治するため、歯内環境が改善され、歯周病対策にも効果を発揮します。
 

イソプロピルメチルフェノール(IPMP)の抗菌作用

口の中で最近が集まって形成される口腔バイオフィルムに対して、イソプロピルメチルフェノール(IPMP)の殺菌作用が効果的であることが、最近明らかになりました。
 
口腔バイオフィルムが、IPMPにより形成されにくくなり、むし歯の原因だる歯垢の形成が抑えられ、口臭もなくなります
 

グリチルリチン酸ジカリウムの消炎作用

グリチルリチン酸は、マメ科の植物である甘草の根に含まれる有効成分で、消炎作用があり、歯肉の炎症を抑えてくれます。

フッ素の再石灰化促進作用

ヒノペリオに含まれるフッ素により、歯の再石灰化が促進され、歯質が強化されます。使用すればするほど、歯が強化されるのは嬉しいですよね。
 

歯を白くするゼオライト

ゼオライトは天然の鉱物であり、「沸石」と呼ばれています。
 
ゼオライトは、歯に付着したたんぱく質の膜を取り除いてくれるため、歯の黄ばみが除去され、本来の歯の白さを取り戻すことができます。
 
また、ゼオライトは歯石の付着を防止してくれるため、歯周病、口臭の予防になります。

ヒノペリオの使用方法

歯科衛生士さんに教えてもらった、歯磨き粉・ヒノペリオの使い方について解説します。通常の歯磨き粉の使い方とは異なる使い方になります。

歯磨き粉をたっぷり使う

歯ブラシいっぱいにヒノペリオの歯磨き粉を(たっぷり)付けます。また、口の中に含むヒノペリオを高濃度にすることで、ヒノペリオの殺菌効果が最大限に働くことになります。

2分間は、歯磨き粉を口にいれたままにする

ヒノペリオを口の中に含んで歯を磨く際、口の中から外へ歯磨きをすぐに吐き出さず、約2分間、がまんして吐き出さないようにします。約2分間、ヒノペリオを口の中に含ませることで、歯周病の原因となる細菌、真菌が激減して、口内環境が改善されます。
 

できれば、一日2回使う

歯周病(歯肉炎・歯周炎)やむし歯の原因となる細菌、真菌を口内から激減させるため、1日2回(例えば、朝・夜)使用することが推奨されています。短期決戦で口内細菌を激減させるためだそうです。
 

ヒノペリオを使ってみた感想

ヒノペリオを使って歯を磨いた結果、2つの効果が確認できました。

歯のいたるところで、歯茎から血が出血していましたが、ヒノペリオを使って歯を磨くことで、出血がぴったりを収ました。ヒノペリオが歯の炎症を抑えてくれたようです。
 
また、甘いものを食べると奥歯がしみていましたが、ヒノペリオを使用してから、歯の再石灰化が促進されたため、歯がしみることがなくなりました。使うほど歯が強化されるのは、建設的でうれしい効果ですよね。
 
歯の環境も、かなり改善されたようなので、今後も歯磨き粉として使用しようと思います。私の場合、毎月1本のペース(1本900円)で、あまり金銭的にも負担にならないのもうれしいですよね。