東京都内で炊き出し情報を掲載しているサイトのリンク集を作成しました。生活困窮者、被災者、失業者等の方で、炊き出し場所を知りたい方はご参考にどうぞ。

炊き出し情報(日時・場所)の簡易リンク集

リライフネット 生活支援ネットワーク 困窮者・ホームレス支援
住居・生活支援法人サークルドア 特定非営利活動法人 TENOHASI  

炊き出しの対象者とは

炊き出しの中には、ホームレス限定の炊き出しもあるようですが、試しに炊き出しに参加された方の感想をネットで見ると、来るもの拒まずの印象があります。(本当は、分け与える食事の総量に限りがあるため、ホームレスの方が最優先とはいえますが…)

また、炊き出しと同時に、生活保護の相談も受け付けていることから、ホームレスに限らず、住む場所がある方で生活や食べ物に困窮されている方も対象であることが容易に推察できます。

従って、日々の食事や生活に困っている方(生活困窮者)を対象と言えます。

※(参考)wikiに乗っている炊き出し対象者

炊き出しは避難者(被災者や難民)・貧窮者(ホームレス、失業者、孤児、その他を含む)等の、困窮した状況下にある多数の人を対象として、料理やその他の食料を無償提供する一連の行動である。

炊き出しの服装

炊き出しの主な参加者(食事をもらう側)は、ホームレス・路上生活者ですが、服装に関しては、意外にも、ちゃんとした服装(普段通りのこぎれいな服装)の方が多いとのことです。中には、スーツ服で炊き出しに参加した勇者もいるようです。

リライフネット

http://seikatsuhogoguide.com/takidashi/

リライフネットは、生活保護や生活に困っている方向けの窓口(電話・メール)等を設けているサイトです。生活保護コラム(例「生活保護はもらったら返さないといけないのか?」)の記事も充実しています。

炊き出し情報は、各曜日ごとに掲載されており、炊き出しマップにより場所が一目でわかり便利ですよね。

生活支援ネットワーク

https://seikatu-shien.net/takidashi/

生活支援ネットワークは、住まいが無くて困っている方を対象に情報を提供しているサイトです。電話相談も24時間受付中です。

各場所の炊き出し情報が、各曜日ごとに掲載されています。

困窮者・ホームレス支援

https://ikiruasisuto.wordpress.com/全国の困窮者・ホームレス現場支援活動情報/

東京都を含む全国の炊き出し場所が詳しく(炊き出しメニューも)掲載されています。また、こちらのページには、全国の[困窮者・ホームレス]現場支援活動情報(支援団体)のリンク集も掲載されています。

住居・生活支援法人サークルドア

https://saecledoor.jimdo.com

サークルドアは、少額もしくは無料で住居を提供してくれる団体のサイトです。
こちらも、曜日ごと(毎日)の炊き出し情報が掲載されています。

特定非営利活動法人 TENOHASI

http://tenohasi.org/activity/takidasi/

このサイトでは、炊き出し情報の他に、衣類配布、生活福祉相談、医療相談、はりきゅうマッサージ等の場所、日時も掲載しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。リーマンの私自身も、失業して生活に困った場合には、炊き出しを利用させてもらうかと思います(笑)。炊き出しは、ほぼ毎日どこかで行われており、食べ物に関しては困ることもなく、日本のセーフティネットは素晴らしいですよね。