チョコレートが満腹中枢を刺激してくれるため、チョコレートダイエットは、食事制限ダイエットとして手軽なダイエット方法です。また、ホコレートのカカオには美容効果、便秘解消効果など様々な効果を発揮します。

035273

チョコレートダイエットの効果

チェオkレートのカカオに含まれるポリフェノールには、美容効果、抗ストレス効果など様々な効果を発揮します。

満腹中枢を刺激

チョコレートを食べることで血糖値が上昇し、満腹中枢を刺激され、比較的少ない食事でも満足することができます。つまり、チョコレートを食べることで、食事制限ダイエットがやりやすくなります。

美容効果

チョコレートに含まれるポリフェノールには強い抗酸化作用があるため、酸化による肌の老化を防ぐ美容効果・アンチエイジング効果があります。

また、ポリフェノールには、肌を修復する働きがあるため、紫外線のダメージから回復しやすくなります。また、肌を修復すると同時に、肌が厚くなり、保湿力がアップする美肌効果も発揮されます。

抗ストレス効果

チョコレートに含まれるポリフェノールはストレスを軽減してくれる効果もあるため、チョコレートを食べることで、ストレスが軽減され落ち着いた状態になります。

脳にも好影響

カカオに含まれるポリフェノールを食べると、BDNF(脳由来神経栄養因子)が上昇するため、学習効果が増し、またアルツハイマー病の予防になります。

血圧低下

チョコレートに含まれるポリフェノールには、血管を広げる作用があり、血圧を低下してくれます。高血圧の方には最適なダイエット方法です。

動脈硬化の防止

動脈硬化は、コレステロールが酸化されることで引き起こされます。チョコレートのポリフェノールには、強い抗酸化作用があるため、コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を防いでくれます。

便秘改善

チェコレートを食べると、ポリフェノールは腸を活性化させて、腸内環境を整える作用をしてくれるため、便秘が改善されやすくなります。

また、チョコレートに含まれるカフェインも、大腸の収縮を助けるため、便秘を改善してくれます。

チョコレートダイエットのやり方

チョコレートダイエットでは、3食の食事前にチェコレートを食べて、食事制限をするようにします。食事前にチェコレートを食べることで、軽い満腹感が得られるため食事制限しやすいのがチョコレートダイエットの特徴です。

082401

チェコレートを食べるタイミング

食事の20分前に食べることで、食事時に満腹中枢が刺激されるため、食事の量を制限しやすくなります。

推奨されるチェコレートの種類

推奨されるチェコレートの種類は、カカオが70%以上のチョコレートです。このカカオ濃度が高いほど、高いダイエット効果が見込めます。

チョコレート売り場に行くと、カカオの量が記載されているチョコレートが多く販売されているので、カカオが70%以上のチョコレートを選ぶようにしましょう。

また、カカオの含有量が高くなるほど、チョコレートが苦くなる傾向があります。好みに合わせたチョコレートを選んで、飽きずに長期間ダイエットできるようにすることで、ダイエット成功率が高まります。

カカオが70%以上の市販チョコレートの例

・明治 チョコレート効果 (カカオ72%)
・ロッテ カカオの恵み (カカオ70~85%)

チェコレートを食べる量

約50グラムのチェコレート(板チェコの半分程度)を3回に分けて、3食前に食べて、食事制限を行うようにします。

まとめ

チョコレートを食べると、血糖値が上昇して軽い満腹感が得られるため、チョコレートダイエットは、食事制限しやすいダイエット方法です。

また、チョコレートに含まれるポリフェノールなどにより、以下の健康・美容効果も発揮されます。

・美容効果
・抗ストレス効果
・血圧の低下
・動脈硬化の防止
・学習効果
・便秘改善