医者の治療以外で、がんを治療・完治させる方法をまとめました。特に末期がんなど5年生存率が低い場合、医者の治療に沿うだけでは、統計通りの低い生存率になってしまいます。

したがって、末期がんを完治させたい場合、医者の治療以外にも能動的に動いて、がんを治療させる必要があります。

437225

末期がんからの完治例は多数ある

末期がんの5年後の生存率は、10%前後と言われています。逆に言うと、約10%の方は、転移して手の付けられない末期がんから生還したことになります。

また、ネットで「末期がん 完治」などで調べると、多くの末期がんからの完治例が見つかります。従って、仮に末期がんになっても、特にあきらめる必要はありません。

がんを完治させる方法・案など

免疫力を高める

単純に免疫力が高ければ、すべての病気に対して完治しやすい状態になります。また、免疫力が高まれば、白血球のリンパ球がガン細胞を攻撃して撃退できることは、よく知られています。

免疫力が高まっている状態のイメージとしては、体温が上昇して生き生きと感じられる状態などが挙げられます。

従って、免疫力を高めるために、免疫力を高める食べ物を食べたり、運動をしたりする等、色々な方法があると思います。

本サイトでの、免疫力を高める方法の詳細はこちらです。
免疫力をアップさせる方法

イメージトレーニング

プラシーボ効果を利用した方法です。プラシーボ効果とは、暗示効果の一つで、薬理作用のない薬に効果があると信じ込ませて飲ませた場合、治療効果を発揮させる効果です。

具体例としては、ガンを患った男児が、ガンをやっつけるイメージをした結果、がんが完治した報告などがなされています。
yahoo知恵袋「癌の男の子が『頭の中でヒーローが癌を退治する…」

具体的なやり方としては、がんをやっつけるイメージT細胞がガン細胞を攻撃するイメージを思い浮かべる方法です。具体的なイメージは、各自、自由でよいと思います。

また、以下の動画などを参考にT細胞がガン細胞をやっつけるイメージをもたせるのも一つです。

楽観的になる

悲観的になると免疫力が低下することは、よく知られています。つまり、悲観的になると免疫力が低下し、病状も悪化する負のスパイラルに陥ります。従って、がんになった場合、楽観的に構えて免疫力をアップさせていきましょう。

完治後にやりたいことを思い浮かべる

完治後にやりたいことを思い浮かべると楽しくなり免疫力が高まり、体内の治癒効果が発揮されます。表現を変えると、完治後にやりたいことを思い浮かべることも、免疫力をアップさせる方法のひとつです。

ネット等で病気に関する知識・対策を見つける

医者は、もちろんガン細胞のすべてを知り尽くしているわけではありません。むしろ、医者は、自然界におけるがん細胞の、ほんの一部しか知識を所有しておらず、もちろん、完治する完璧な方法は誰もわかっていません。

自分の病気に関する知識をネットなどで補充することで、さらに有力な対策方法が見つかるかもしれません。

ネット等で名医・名病院を見つける

風邪などのありふれた病気の場合、医者による差はほとんどありませんが、がんのように難易度が高い場合、医者により治療方法も異なり、実力差が歴然と出ます。

従って、ネットの口コミなどを調べることで、成功率の高い名医・名病院を見つけて、治療してもらうのも一つのやり方です。

まとめ

毎日、体内で多くのガン細胞が生成されいます。しかし、免疫力が十分にある場合、白血球がガン細胞を撃退してくれるため、ガンになりません。

つまり、免疫力を高める方法は、末期がんだけでなく、がん予防にも効果があります。免疫力を高めるなどの方法で、がんを撃退していきましょう。

また、上記リスト以外にも、がんを治す・予防する案は色々あると思います。例えば、がんを完治させたサイトなども参考になるかもしれません。

いずれにせよ、がん対策のために能動的に動いくことは、がん克服の近道の一つと言えます。