サーチュイン遺伝子を活性化させることで、寿命が延びることが最近の研究で知られています。ここでは、サーチュイン遺伝子を活性化させる方法・食べ物について解説します。

065088

サーチュイン遺伝子とは

サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子とも呼ばれ、活性化すると、タンパク質であるサーチュインが合成されます。このサーチュインが、遺伝子に作用することで、寿命が延びることがわかっています。

サーチュイン遺伝子を活性化させる方法

食事制限を70%以下に抑える

カロリーの摂取量を約70%以下に制限し、その状態を7時間続ける必要があります。つまり、ある程度の時間、空腹状態を保つ必要があります。

また、約70%以下に制限するカロリーの摂取量をやめると、サーチュイン遺伝子の活性化がオフになることが知られています。つまり、継続的にサーチュイン遺伝子を活性化するためには、カロリー制限を継続的に行う必要があります。

ちなみに、カロリー制限により、サーチュイン遺伝子を活性化して寿命を延ばすやり方は、微生物から哺乳類まで、実験で確認済みとなっています。

また、カロリーの摂取量を50%以下にすると、逆に寿命が縮むとの報告があります。従って、カロリーの摂取量は、70%~50%が最適となります。

サーチュイン遺伝子を活性化させる食べ物

現在、レスベラトロールは、実験で確実にサーチュイン遺伝子を活性化させることが知られています。
レスベラトロールは、ポリフェノールの一種であり、サーチュイン遺伝子に直接働きかけて活性化します。

また、レスベラトロールには、長寿以外にも以下のような健康効果があります。

がん対策

レスベラトロールは、乳がんの初期に生じるDNAの損傷を抑えることが報告されています。

肌の潤いを維持・肌のシミ・しわの予防や防止

レスベラトロールは、ポリフェノールの一種であり強い抗酸化作用があります。そのため、肌のシミ・しわを改善・予防してくれます。また、レスベラトロールは、肌の弾力を改善する美容効果もあります。

認知症対策

レスベラトロールは、アルツハイマーの原因であるβアミロイドペプチドの分解を促進することが報告されています。また、レスベラトロールは、海馬の神経細胞の機能を改善し、短期記憶を向上させることも、最近報告されています。

心臓病のリスクの低減

フランス人は、赤ワインを大量に飲むため心臓病の死亡率が低いとされています。特に、赤ワインを適量(1日にグラス2~3杯)飲むことは、心臓病などのリスクを下げるとされています。

レスベラトロールが含まれる食べ物の例

・ぶどうの果皮、ぶどうの種、レーズン、干しぶどう

例えば、ブドウの場合、皮ごと食べることになります。

016094

・赤ワイン

レスベラトロールは、紫外線が多い地方で生産されるローヌやボルドーなどの南フランス産の赤ワインに多く含まれます。もちろん、赤ワインにはアルコールが含まれているので、飲みすぎには注意が必要です。

赤ワインで思い出すのは、人類で唯一120歳以上生きた、フランス人女性のジャンヌ・カルマンさんは、チョコレートと赤ワインが大好きだったそうです。そう考えると、赤ワインの信ぴょう性はかなり増します。

ちなみに、チョコレートに含まれるポリフェノールも強い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果を発揮します。ジャンヌ・カルマンさん、恐るべしですね。

254592

・ピーナッツ、落花生の薄皮、ナッツ類(アーモンド)の薄皮

また、ピーナッツ、落花生の場合、厚い殻から中身を取り出した後、薄皮ごと食べることになります。また、アーモンドを食べる際も、茶色い薄皮を食べるようにします。

308661

他にも、以下の食べ物にレスベラトロールが含まれます。

  • ココア
  • イタドリ(多年草植物)
  • マルベリー(桑の実)
  • サンタベリー(※北欧の森で取れる赤色の果実です。)

また、レスベラトロールの入ったサプリメントを摂取する方が、より大量のレスベラトロールを摂取できて、レスベラトロールの効果が発揮されやすいとされています。

まとめ

大まかに表現すると、レスベラトロールが含まれる食品は、ベリー類かナッツ・落花生類の薄皮に含まれることになります。もしくは、サプリメントでレスベラトロールを摂取するのも一つのやり方となります。