85歳以上では約4人に1人が認知症であると報告されています。また、65歳未満で発症する若年性認知症の場合、45歳から64歳では、人口10万人中で、約100人の方が発症しています。以外に多い数字であり、ちょっと怖いですよね。

しかしながら、近年、痴呆症の原因や予防方法も解明されつつあり、効果的に痴呆症の予防する方法が幾つかあります。

128725

痴呆症、若年性痴呆症の原因

痴呆症の原因として、最も多いのがアルツハイマー型認知症です。2番目に多い原因が脳血管性認知症です。一方、若年性痴呆症では、脳血管性認知症が40%、アルツハイマー病が25%とされています。

いずれにしても、痴呆症の主な原因である2種類の痴呆症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症)に対する対策をとる必要があります。

アルツハイマー型認知症の原因と対策

アルツハイマー型認知症の原因は、脳内にアミロイドβというたんぱく質が蓄積して正常な細胞が破壊されると報告されています。

また、糖尿病や高血圧の方は、糖尿病や高血圧でない方に比べて、はるかにアルツハイマー型認知症に発症しやすい事が明らかになっています。つまり、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防が、アルツハイマー型認知症の発症を防いでくれます。

d94747ca0894d69586fcdb0da8f240cc_s

脳血管性認知症の原因と対策

脳出血や脳梗塞など、脳の血管障害が原因で、脳細胞の一部が破壊されて脳血管性認知症が発症します。脳の血管障害は、生活習慣病により引き起こされることが良く知られていることから、脳血管性認知症を予防するには、生活習慣病の予防が重要になってきます。

また、脳の血管障害を防止するには、血液をサラサラにすることも必要になります。

痴呆症、若年性痴呆症の予防・対策

痴呆症、若年性痴呆症の原因は、主にアルツハイマー型認知症、脳血管性認知症であることから、これらの認知症の予防が重要になります。

食習慣の改善

バランスの良い食事

バランスの良い食事をとることで、糖尿病や高血圧などの生活習慣病になるリスクを減らすことができます。

ill_life_wom04_1

野菜、果物をより多く食べる

野菜を普段多めに食べている方は、そうでない方に比べてアルツハイマー型認知症に発症するリスクが3分の1に低下することが明らかとなっています。レモン、グレープフルーツ、いちごなどの果物は、特に血液をサラサラにしてくれます。このため、脳血管性認知症の予防に効果的です。

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

痴呆症に効果的な食べ物を食べる

サバやイワシなどの青魚に含まれるDHAやEPAは、痴呆症対策に効果的です。
※その他の痴呆症に効果的な食べ物の詳細な記事はこちらです。
痴呆症の予防に効果的な食べ物

574ee74fe7be303b69b1874e52d4dd77_s

痴呆症の原因になりやすい食べ物を控える

・塩分を控える
塩分の摂りすぎは、高血圧などの生活習慣病を招きます。ちなみに、塩分を控えることは、ガン予防にも効果的です。

5239a6bc04ca273e981fe4e798911090_s

・動物性脂肪、糖質のとりすぎを避ける
動物性脂肪を豊富に含む肉を大量に食べると、血液内のコレステロール値が上昇して血液がドロドロになりやすくなります。また、糖質の摂りすぎることで、糖尿病の発症リスクが高まります。このため、動物性脂肪や糖質のとりすぎを避けるようにしましょう。

d60518e881c957696c754639e14cafad_s

定期的な運動

運動をすることで、血液の流れが良くなり、脳の神経細胞が刺激されて活発化します。ジョキングやウォーキングなどの有酸素運動を、週に2~3日程度行うだけでも効果的です。

147322

対人接触を増やす

人とおしゃべりとしたりして、対人接触を増やすことも、認知症対策に効果的です。人とあまり交流せず閉鎖的な生活を送る人は、対人接触が多い人に比べて、アルツハイマー病のリスクが約8倍も高まるとされています。

146061

知的行動習慣を増やす

例えば、以下のような知的行動習慣を増やすことで、脳細胞が活性化されるため、痴呆症の予防に効果的です。

  • 音楽鑑賞
  • 楽器の演奏
  • ダンス
  • ゲーム(麻雀・囲碁・将棋・オセロなど)、パズル
  • 博物館に行く
  • 文章を書く
  • 読書
  • 計算

239895

十分な睡眠

平均睡眠時間が5時間以下の場合、アルツハイマー病のリスクが高くなります。このため、個人差はありますが、約6~8時間の睡眠が良いとされています。また、1日30分の昼寝だけでも痴呆症の発症リスクが5分の1に軽減されると報告されています。

425328

お酒、タバコを控える

アルコールを大量に摂取すると脳細胞が死滅して、アルコール性認知症を誘発します。タバコも過度に吸うことで、血管が収縮して、脳の血液の巡りが良くなくなり、脳血管性認知症等の原因となります。