イギリスの数学者が算出した計算によると、銀河系を隈なく調査するのに1000万年あれば十分可能とのことです。つまり、銀河を調査する際、自己増殖して各惑星をテラフォーミングして植民地化することで、全銀河を植民地化することができます。

ここでは、約1000万年で植民地化可能な内容と、現在地球が未だ植民地化されていない理由を解説・考察します。

lgf01a201304130000

約1000万年で植民地化可能?

イギリスのエンジバラ大学のニコルソン博士等の研究では、ボイジャーが惑星の重力を利用したスイングバイを行うことで、従来の100倍の速さで宇宙を飛べるだろうと考えました。ここでスイングバイとは、天体の万有引力を利用して宇宙船の速度を変える技術です。

「スイングバイ(英: swing-by)とは、天体の万有引力を利用して宇宙機の運動方向を変更する技術。天体の公転運動を利用することで宇宙機を増速あるいは減速することができる。」(引用元:wikipediaより)

さらに、ニコルソン博士等は、星間物質を使って自己複製する時間も考慮して、シミュレーションにより、銀河系を隈なく調査できる時間を調査しました。その結果、約1000万年程度で銀河系の全星を調査可能であると算出しました。

約1000万年という時間は、宇宙の年齢(約130億年)から見ると非常に短時間であり、十分に銀河系を調査可能となります。また、宇宙船を作る技術も、現在の技術と比べてそれほど難易度は高くありません。

l201106220400

現在、どうして銀河系は植民地化されてないの?

銀河系は、100億年以上前から存在しており、人類より先に知的生命体が誕生していてもおかしくないと考えられます。
例えば、人類より約1000万年以上早く知的生命体が銀河系に生まれた場合、既に銀河系の植民地化を終えているのに、実際のところ、地球は植民地化されておらず、知的生命体が調査に来た形跡すら見つかっていません。つまり、

「どうして、銀河の知的生命体は、既に地球を植民地化していないのか?」

という疑問が起きます。この場合には、幾つかの回答(3つ)があります。

・先駆者の知的生命体に銀河系を植民する気がない

地球人よりはるか昔に誕生した知的生命体が、そもそも銀河系を植民地化する気がない可能性もあります。しかし、この点に関して、ホーキング博士は、人類は滅びる可能性があるため、積極的に宇宙進出すべきであると述べています。

地球を例にとると、隕石や火山、温暖化などの自然現象や核戦争などのテクノロージーなど、地球を絶滅させそうな危険媒体は無数にあります。従って、人類の歴史を末永く存続させるためには、ホーキング博士が述べるように、地球以外の惑星を開拓することが不可欠と考えられます。

079

・先駆者の知的生命体は既に滅んでいる?

我々以外にも銀河に知的生命体がいる(いた)かどうかが問題になります。銀河系には恒星が約2000億個あり、地球型の人が住めそうな惑星も、地球付近だけども数十個以上簡単に見つかっています。

ホーキング博士の算出によると、知的な文明を持つ惑星は約200万いるだろうと述べています。つまり、研究者の普通の感覚では、銀河に知的生命体が無数にいることになります。

一方では、ホーキング博士は、「銀河系の知的文明は100年と持たずに絶滅している」とかなり悲観的に述べています。

この場合、絶滅する理由は、制御できないオーバーテクノロジーが原因であるとしています。簡単なオーバーテクノロジーの例は、「核戦争」やナノテクノロジーなどがあります。また、隕石などの自然現象も危険因子の一つです。

結局のところ、銀河に太古から生まれた知的生命体は全て、銀河系を植民地化する前に滅んでしまった可能性が考えられます。

lgf01a201311091700

・銀河系に地球以外の知的生命体がいない

銀河系に地球以外の知的生命体がいない可能性もあります。つまり、1銀河当たりの知的生命体の数が10~0.1程度のオーダーであり、我々地球人は全銀河系で最初の知的生命体である可能性もあります。

1銀河当たりの知的生命体の数が10~0.1程度のオーダーというは、かなりできすぎた数字です(笑)。

1銀河当たりの知的生命体の数が数百万の場合、既に地球は植民地化されていて地球人も滅んでいます。逆に、1銀河当たりの知的生命体の数が0.0001等、極端に低い場合、地球人も誕生していません。

この場合、「人間原理」を適用して、現在、我々地球人が存在しているので、1銀河当たりの知的生命体の数が10~0.1程度のオーダーというのも十分に考えられます。

lgf01a201310091600

まとめ

銀河系の植民地化は「わずか」1000万年程度で完了でき、銀河系にいる知的生命体の数はかなり多い見積もりもあるはずなのに、現在、地球に来ていません。この矛盾に似た考え方はフェルミ・パラドックスとも言われています。

いずれにせよ、地球は、自然災害やオーバーテクノロジーなどがあるため、ホーキング博士が述べるように、できるだけ早く宇宙開拓してほしいですよね。

個人的にも、マクロスΔのように銀河系全域へと生活圏を拡げて、スター・ウォーズのような銀河共和国を早く築いてほしいものです(笑)。

※参考までに、地球が銀河系全域へと生活圏を拡げた場合の、宇宙文明の尺度は、「レベルⅡ」程度になります。現在の地球は、宇宙規模でみた場合どの程度の宇宙文明レベル?