ダイエットの成功者には、いくつかの共通の秘訣やポイントがあります。ダイエットを成功させるためには、ダイエットのやり方などの知識も重要ですが、ダイエットを成功させる共通の原則も知っておいた方が、はるかにダイエット成功率が高まります。

ここでは、ダイエットの成功者の秘訣をリスト形式でまとめました。

gatag-00007280

ダイエットの開始を他人に宣言する

ダイエットを始める際、ダイエットを開始することを他人に伝えることで、ほどよいプレッシャーがかかります。他人にダイエットを宣言することでダイエットを止めにくくなります。また、ダイエットを継続しやすくなり、ダイエットの成功率が高まります。

例えば、友人や会社の同僚にダイエットを伝えたり、ブログなどで宣言するのも一つです。

146061

毎日体重計に乗る

毎日体重計に乗って自分の体重を確認することで、ダイエットの意識が高まります。

また、仮に体重が増えてしまった場合、原因を分析・反省して次に生かすことで、ダイエットの成功率が高まります。

179986

生活習慣に組み込めるダイエットを選ぶ

ダイエットの目標を達成させるために、無理に生活習慣を変えると、ストレスが溜まることで、リバウンドが起きやすく、ダイエットが成功しにくくなります。

生活にダイエットを組み込むことで、自然にダイエットできて、自然に減量できるケースがあります。

例えば、普段の歩くスピードを上げて、代謝を活性かさせたり、室内での空き時間にストレッチをしたりします。この場合、ウォーキングダイエットやストレッチダイエットの恩恵を受けることができます。

このように、普段の生活にダイエットを組み入れる工夫をすることで、減量が自然にできます。

124190

併用できるダイエットを実践する

1つのダイエットのみを行うよりは、複数のダイエット方法を同時に行う方が減量しやすくなります。このため、併用できるダイエットはどんどん併用していきましょう。

例えば、以下のようなダイエットは、併用しやすいダイエットとなります。

・食べる順番を変えるダイエット

食事をする際、ご飯より野菜から食べることで血糖値の急上昇を抑え脂肪が体内に生成されにくくなります。
【血糖値ダイエット】食べる順番を変えるだけの簡単ダイエット

・コーヒーダイエット

コーヒーを数杯飲むことで、体内の新陳代謝を促進させることで、体重が減少しやすくなります。
【脂肪燃焼効果】コーヒーダイエットの効果とやり方

099124

運動ダイエットでは、楽なものを選ぶ

運動ダイエットでは、できるだけ自分に合った、楽なダイエットを選ぶ方が無理なくダイエットを継続できます。

例えば、水泳が好きな場合、プールダイエットをしてみたり、ジョキングすると疲れやすい場合、ジョキングの代わりにウォーキングを試すのも一つです。

楽なダイエットを選ぶことで、ストレスが溜まりにくくリバウンドも起こりにくくなります。

216362

ダイエットに飽きないようにする

ダイエットでは長期間続けた方が、ダイエットの成功率が高まります。このためダイエットを長期間継続させるためには、ダイエット中に飽きないように工夫することが重要になります。

例えば、酵素ドリンクによるダイエットの場合、酵素に炭酸水や牛乳などを加えるなど工夫をすることで、飽きずに長期間ダイエットできます。

150527

ゆっくり痩せられるダイエット方法を選ぶ

短期間で痩せたいなどの事情がない限りは、長期間でゆっくり痩せられるダイエットの方が成功率が高まります。この理由は、長期間かけてゆっくり痩せることで、体重が減少しにくい停滞期も発生しにくく、リバウンドしにくいからです。

340049

モチベーションを上げる方法を見つける

ダイエットを続けていると、モチベーションが下がる時期が発生します。この時、モチベーションを上げる方法を知っていれば、ダイエットを止めずに継続させることができます。

このため、以下のように自分なりのモチベーションを上げる方法を見つけるようにしましょう。

・成功したイメージを描く

例えば、痩せたら着たい服をリストアップしたり、自分が痩せてスタイル抜群になった姿を想像するなどがあります。

395421

・ダイエットに成功したら報酬を与えるようにする

例えば、ダイエットに成功したら、買い物に行くなど、自分に与える報酬を決めていくことも、モチベーションがアップします。

・ダイエットの成功体験談を読む

ダイエットの成功体験談や口コミを読むことで、ダイエット成功者の快適な状態などを想像できるため、モチベーションが上がります。

このように、自分なりにモチベーションの上げる方法を見つけて試してみましょう。

147322

食べ物のストック量を減らす

例えば、食べ物をたくさん冷蔵庫にいれておくと、つい食べてしまうケースがあります。お金をたくさん財布にいれると、つい買い物をしてしまう心理と同じになります。

このため、例えば、冷蔵庫に入れる食べ物を減らしたり、買い物で買う食材の量を減らしたりします。衝動食いなどを防止するために、食べ物のストック量をできるだけ減らす工夫が必要になります。

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

ストレスをためないようにする

ダイエット中にストレスをため込むと、ドカ食い・大食いしてしまうリバウンドが起こりやすくなります。また、ホルモンバランスも悪くなります。

このため、ダイエット中にはストレスをためないようにする工夫することがポイントになります。

例えば、自分なりのストレス解消方法を見つけるようにします。

470961

目標は小さめにする

例えば、短期間で10Kg痩せるなど、実現が難しい目標を立てた場合、大きなストレスが溜まります。大きなストレスを抱えるとダイエットは成功しにくくなります。実現困難な目標を設定するより、実現容易な目標を設定するようにします。

また、目標も分割した方がより具体的で成功しやすくなります。小さい目標が達成されることでダイエットのモチベーションアップにもなります。

gatag-00011604

楽観的に考える

例えば、ダイエット中に友人に誘われてケーキを食べた場合、後悔ばかりしていると逆にストレスが溜まってしまいます。

この場合、例えば「たまにケーキを食べる程度なら太らないだろう」や「楽しい時間を過ごせた」など、楽観的に考えるようにします。

楽観的に考えることで、ストレスが溜まりにくくなり、ダイエットが成功しやすくなります。

433421

ダイエットのルールをできるだけ守る

ダイエットで設けたルールを破るとダイエットは成立しにくくなります。このため、ダイエットで設けたルールはできるだけ守るようにしましょう。ルールを守ることがダイエット成功に繋がるからです。

580b3720f5770b5ecb7ea999b8435be5_s

水分をとる

ダイエット中に水分を取らないと、体内に老廃物が溜まり、むくみが出てきたり、血液がドロドロになったりします。ダイエット中には、こまめに水分を取ることで、健康的にダイエットができます。

038951