特に脂肪を減らしたい方にとって、脂肪燃焼効果のあるコーヒーダイエットは、最適なダイエットの一つです。
ここでは、脂肪燃焼効果があり、脂肪を減らすことができるコーヒーダイエットについて解説します。

150903

コーヒーダイエットの効果

脂肪燃焼効果

コーヒーダイエットで最も特徴的な効果が脂肪燃焼効果です。コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸には脂肪を燃焼させる効果があります。従って、脂肪をとにかく減らしたい方には、コーヒーダイエットがおすすめのダイエットの一つです。

減量(ダイエット)効果

カフェインには血行の流れをよくする効果があります。この場合、新陳代謝が促進されるため、減量しやすい状態になります。

冷え性対策

カフェインにより、血行が良くなることで、手足の末端までの血の巡りがよくなり、冷え性対策にも最適です。

リラックス効果

コーヒーの香りには、アルファ波を出してリラックスさせる効果があることはよく知られています。

コーヒーダイエットのやり方

飲む量

カフェインの一日の摂取量は、最大で300~350mlです。一杯のコーヒーには、カフェインが150ml程度含まれているため、コーヒーダイエットで飲むコーヒーの量は最大で3杯までとなります。

060821

砂糖を入れないのが最適

砂糖を入れるとカフェインの効力が弱まり、脂肪燃焼効果も弱まります。ブラックコーヒーが苦手な方は、コーヒーに砂糖を少量だけ入れて飲むようにしましょう。

砂糖(糖質)自体のカロリーが高いため、少なくともコーヒーダイエットでは、コーヒーに砂糖を大量に入れるのを避けましょう。

運動する場合、飲む30分前が最適

コーヒーを飲んで20~30分後にカフェイン効果が発揮されます。従って、運動する場合には、コーヒーは、運動の30分前に飲むようにしましょう。運動の30分前に飲むことで、運動時にカフェインによる脂肪燃焼効果が発揮されます。

インスタントコーヒーや缶コーヒーでも効果が発揮される

インスタントコーヒーや缶コーヒーを飲んでも、カフェイン効果などは問題なく発揮されます。
しかしながら、糖分が多く含まれる缶コーヒーが多く販売されているため、缶コーヒーでダイエットする場合、無糖か微糖の缶コーヒーが最適です。

カフェインとクロロゲン酸が多く含まれるドリップコーヒーが、コーヒーダイエットとして最も効果的です。

106435

コーヒーダイエットの注意点

夜、特に、寝る前にコーヒーを飲むのを控える。カフェインの効果により、夜、特に、寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなる場合がよくあります。

まとめ

コーヒーダイエットでは、脂肪燃焼効果が最大の特徴です。また、運動しなくてもコーヒーを飲むことで、脂肪燃焼効果と新陳代謝の促進で、ダイエット効果を発揮します。

さらにコーヒーダイエット時に運動することで、さらに脂肪燃焼効果が発揮されやすくなり、より効果が発揮されます。