カップラーメンは、塩分が高い、栄養分が少ないなど、不健康な食べ物とみられがちです。一方では、外食メニューの中では、最も安い部類の食品であり、また、おいしいカップラーメンも数多くあります。

ということで、ここでは、カップラーメンの健康的な食べ方について解説します。

457592

カップラーメンの健康手金な食べ方

お湯を1回入れ替える

カップラーメンには食品添加物として多くのリンが含まれています。このリンを多く摂取すると、カルシウムが吸収されにくくなり、カルシウム不足になります。

麺とスープが分離しているカップラーメンにのみ適用できる方法ですが、カップラーメンにお湯を入れて食べる直前に、お湯を全部捨てて、再度お湯を入れなおします。その後、スープの元(具材)等を入れて食べることになります。1回お湯を捨てることで、食品添加物のリンを大幅に取り除くことができます。

スープを全部飲まない

カップラーメンのスープには対象の塩分が含まれています。塩分を控えることは、がん予防対策の一つとして政府で認定されていることは、よく知られいます。つまり、カップ麺のスープは全部飲まないのが、塩分は控えるの健康的な方法です。

野菜などのトッピングを入れる

カップ麺のみを食べると、野菜不足になるなど、栄養バランスに欠けます。

カップラーメンのトッピングとして、野菜、のり、ワカメ、コーン、ネギなどを加えて健康的に食べましょう。

できればノンフライ麺や生麺を選ぶ

油で揚げたカップ麺には、大量に酸化した油が含まれており、健康的ではありません。
できれば、ノンフライ麺や生麺のカップラーメンを選択しましょう。

まとめ

お湯を入れ替えたり、スープを全部飲まずに、野菜などのトッピングを入れることで、比較的、健康的にカップ麺を食べることができます。