自分のサイト・ブログ等のコピー記事を判定する、無料のコピーチェックツールのリンクを集めました。有効活用して自分のサイト・ブログのアクセスアップに役立てましょう。

gatag-00011604

コピー記事かを判別するgoogleの検索アルゴリズムとは?

2011年2月にgoogleの検索システムとしてパンダアップデートが導入されました。このパンダアップデートは、他のサイトをコピー・類似しただけのサイト・記事の検索順位を下げるアルゴリズムです。

つまり、他のサイトの記事の一部または全部をコピペして記事を作成した場合、このコピー記事に検索順位は、パンダアップデートにより下がってしまい、サイト全体の評価や検索順位も下がってしまいます。

コピーチェックツールの利点

近年、記事の内容を重視するコンテンツSEOがSEO対策として極めて有効です。特にコピーコンテンツを防止することが、コンテンツSEO対策の有力な手段の一つです。

自分の記事がコピー記事か否かを判別する

例えば、他のサイトの記事を参考に自分の記事を作成した場合、コピーチェックツールを使うことで、自分の記事がコピー記事かどうかを判別できます。

コピー記事の場合、当該記事を修正することで、コピー記事を公開した場合に検索順位が下がることを避けることができます。つまり、自分のサイトの検索順位のアップにつながります。

自分の記事が他人に模倣されたかを確認する

自分の記事をコピーチェックツールで調べることで、自分の記事が他人に模倣されたかを確認することができます。

仮に自分の記事が他人に模倣されて、そのまま放置した場合、逆に自分の記事が模倣記事であると判断されてしまい、自分のサイト・ブログの検索順位が大幅に下がるケースがよくあります。

従って、自分のサイト・ブログ記事が他人に模倣されていると分かった場合、googleに模倣しているサイトの削除依頼などの対策を講じましょう。

外注した記事がコピー記事かどうかを判別する

例えば、サイトの記事を自分で作成する代わりに外注して、外部の方に記事の作成を依頼する場合、外部の方がコピペで記事を作成してしまうケースが、たまにあります。

この場合に、外注した記事がコピー記事か否かを判別するのに、コピーチェックツールが有効になります。

ただ、自分のサイト・ブログの過去記事をすべて調査するのは、面倒なので、例えば、自分のサイト等の検索順位が大幅に下がった場合などにコピーチェックツールを使うのも一つです。

自サイトの重複コンテンツの防止

ルールによっては自分のサイトで同じ内容(コンテンツ)を作成してしまった場合、重複を知らせてくれます。自サイトの重複コンテンツの作成を防止することで、自サイトの検索順位の低下を阻止します。

コピーチェックツールの一般的な使い方

コピーチェックツールの使い方の一例として以下のような使い方があります。

自分の記事を作成した場合、コピーチェックツールに記事を入力、もしくは記事のURLを入力することで、自分の記事がコピー記事かどうかを判別できます。

自分の記事がコピー記事であると判別された場合、当該自分の記事を書き直して、再度自分の記事をコピーチェックツールで調査します。

こうして、一回または複数回、コピーチェックツールで調査して、自分の記事がコピー記事でないと判別した場合、ようやく当該記事を公開します。

・記事を作成

・コピー記事かどうかをコピーチェックツールで判別

・コピー記事の場合、再度書き直し
・コピー記事でない場合、公開

コピーチェックツールの紹介

コピーコンテンツチェックツール「影武者」

13

株式会社サムライファクトリーが公開したチェックツールであり、無償プランと有償プランがあります。無償プランの場合、登録無料で月10回まで使用可能です。

使い方は3種類あります。テキスト欄に自分の記事をコピペする方法、自分の記事をurlを入力する方法、記事のファイルをアップロードする方法です。

また、ツールを実行した結果、70%以上の重複度の場合、gooleのペナルティの対象となる可能性が濃厚となります。

リンク 影武者
無料プランの使用回数 月に10回まで ※登録不要
有料プランの料金 月4,200円から
検索対象 テキスト入力、URL指定、ファイル
表示件数 無制限
CSVダウンロード 可能

Ferretコピーコンテンツチェックツール

12

キーワードのチェックツールを公開しているFerretが提供しているコピーチェックツールです。
無料プランの場合も会員登録が必要であり、1日最大5回も使用できます。

リンク ferret
無料プランの使用回数 月に5回まで ※無料登録が必要
検索対象 URL指定
表示件数 最大30件
CSVダウンロード なし

コピペチェックツール こぴらん

11

完全無料のコピーチェックツールのサイトです。最大4000文字までのテキストを入力すると、当該テキスト文字がコピー記事かどうかを文(センテンス)単位で判別します。速度は速めです。

リンク こぴらん
利用料金 無料
最大文字数 4000文字
回数制限 無制限
登録 登録不要
検索対象 テキスト

剽窃(ひょうせつ)チェッカー

10

完全無料のコピーチェックツールのサイトです。最大2000文字までのテキストを入力すると、当該テキスト文字がコピー記事かどうかを文(センテンス)単位で判別します。

リンク 剽窃(ひょうせつ)
利用料金 無料
最大文字数 2000文字
回数制限 無制限
登録 登録不要
検索対象 テキスト

重複コンテンツ・ミラーサイト・類似ページ判定ツール「sujiko(スジコ)」

14

2つのURLを入力することで、2つのURLが類似しているか否かを判別します。特に特定の記事を参考にして自分の記事を作成する場合に有効です。

無料で利用できる回数は以下のようになります。

登録しない場合・・・最大で5回
無料登録した場合、・・・回数は無制限

リンク sujiko(スジコ)
無料での使用回数 5回まで(無料登録の場合、無制限)
検索対象 URL指定
無料での表示件数 20件
CSVダウンロード なし