ここ数年、1週間に数リットルほど、コーヒーと牛乳を混ぜて、コーヒー牛乳を作って飲んでいます。この数年間で、最もおいしかったコーヒー牛乳(カフェオレ)の作り方を紹介します。

ポイントは、どの種類の牛乳を選ぶかどのコーヒー原液を選ぶかになります。

91374e998858cec6aa2145f21e9709b6_s

牛乳の選び方

109286

牛乳の種類(牛乳パックに明記してある「種類別名称」)としては、以下の7種類があります。

牛乳」、「特別牛乳」、「成分調整牛乳」、「低脂肪牛乳」、「無脂肪牛乳」、「加工乳」、「乳飲料

この中では、やや高価ですが「種類別名称」が「牛乳」の牛乳がお勧めです。「種類別名称」が「牛乳」の牛乳は、乳脂肪分が3%以上と非常に高く、コーヒー原液を混ぜた場合に、コーヒー原液の香りが消されにくい傾向があります。

逆に、「成分調整牛乳」、「低脂肪牛乳」、「無脂肪牛乳」の牛乳の場合、比較的安価ですが、コーヒー原液を混ぜると、乳脂肪分が低いためにコーヒー原液の香りが消されてしまい、コーヒー牛乳の味も落ちてしまう傾向にあります。

また、「加工乳」、「乳飲料」は、牛乳以外の成分(例えば、鉄分、カルシウム等)を自由に入れられるため、コーヒー牛乳には一般にてきしていません。また、「特別牛乳」は、実は乳脂肪分が最も高く、コーヒー牛乳としては、実はベストですが、地方の限られた地域でしか手に入らないとのことです。

「種類別名称」が「牛乳」の中で、コーヒー牛乳としておいしかった商品として、お勧めは「おいしい牛乳」(明治)です。「おいしい牛乳」でコーヒー牛乳を作ると、コーヒーの香りが引き立つ感じがして、よかったです。この「おいしい牛乳」は、コンビニでもよく販売されています。

おすすめのコーヒー原液

コーヒー牛乳を作るのに最適なコーヒー原液とは何でしょうか?個人的には、法則性は見つけられなかったですが(※見つけられた方は是非教えてください)、最近、数年間いろいろ試しておいしかったコーヒー原液は、ネスカフェ エクセラ(無糖)です。

このネスカフェ エクセラでコーヒー牛乳を作ると、コーヒーの香りが引き立ち、コーヒー牛乳がおいしく作れます。このネスカフェ エクセラは、コンビニやスーパーでもよく見かけるため、入手容易であり、トリコの捕獲レベルに換算すると「0」です。

ちなみに、コンビニのコーヒーでコーヒー牛乳を作ると、ドリップコーヒーなので、さらにおいしそうな気がしますが、実際のところ、コーヒーの香りが消えてしまい、コーヒー牛乳としては、いまいちでした。

しかしながら、今回紹介したコーヒー牛乳(カフェオレ)の材料よりさらに最適な材料があるかもしれません。コーヒー牛乳道はまだまだ続きますね。もし見つかれば、またご報告いたします。