プロテインダイエットとは、プロテイン(別名:タンパク質)を多く摂取することで、痩せやすい体質に改善され、美容にも良いダイエット方法です。

具体的には、プロテインを多く摂取することで、体の筋肉量が増えて基礎代謝が向上します。基礎代謝が上がると、少し動いただけで痩せられる体質になります。また、プロテインを多く摂取すると同時に食事制限することで、さらに減量効果がアップします。

212104

プロテインの摂取方法

以下の2通りの摂取方法が、プロテインダイエットとして、よく行われる方法です。

普段の食事でタンパク質を多く摂る

肉や魚など普段の食事でタンパク質を多く食べる方法です。この際、肉を多く食べると脂肪がつきやすくなるため、肉を食べるよりは、植物性タンパク質を多く含む大豆を摂る方がよいとされています。

市販のダイエット食品を摂る

プロテインダイエット専用のダイエット食品からプロテインを多く摂取する方法です。具体的には、粉末状のプロテインを水に溶して飲む方法が主流となっています。

具体的なプロテインの商品例は以下のようになっています。(楽天ランキング1位と2位)

市販のダイエット食品の方が、プロテインダイエットとして最適

プロテインダイエットをする場合、通常の食事からタンパク質を多く摂取しようとしても、タンパク質以外の成分も食べてしまうため、やや非効率です。

一方、市販のプロテインダイエット専用のダイエット食品の場合、タンパク質を効率的に摂取できるます。

つまり、プロテインダイエットをする場合、市販のプロテイン食品を利用する方が、効率的にダイエットできます。

プロテインダイエットの効果

痩せやすい体質に改善

プロテインダイエットでは、タンパク質を多く摂取することで、筋肉をより多くつけることができます。筋肉は脂肪より消費カロリーが高いため、筋肉質な体ほどカロリー消費量が高くなり、基礎代謝も向上するため、痩せやすい体質と言えます。

単純な食事制限ダイエットの場合、タンパク質の摂取量も減るため、体の筋肉量も減り、痩せにくい体質になる欠点がありました。

一方、プロテインダイエットでは、プロテインを摂取することで筋肉量が増えるため、痩せやすい体質に改善される利点があります。

039162

理想的なプロポーション

タンパク質を多く摂取することで、体の筋肉量が増えます。筋肉量が増えると、腹のふくれも減少し、全体的に筋肉で引き締まった理想的な体型になります。

プロテインダイエットにより、女性の方が気になりやすい二の腕やウエストも筋肉がつくことで引き締まり理想のプロポーションに近づきます。

395421

美容に良い

髪の毛や皮膚は、ほぼタンパク質からできています。プロテインダイエットでタンパク質を摂取することで、タンパク質不足に起因した肌荒れや髪のパサつきを防止してくれるため、プロテインダイエットでは美容効果も発揮されます。

100301

プロテインダイエットでは運動は必要?

運動をする方法と運動をしない方法どちらを採用しても特に問題ありません。

運動をせずにプロテインダイエット

運動をせずにプロテインダイエットをする場合、主にプロテインを摂取すると同時に食事制限をしてカロリー量を減らすことで、減量を実現させます。

また、プロテインを摂取することで、筋肉が増えて、カロリー消費量も上がり、痩せやすい体質へと変化します。

運動をしながらプロテインダイエット

プロテイン自体は筋肉を作るのに最適な栄養素です。このため、プロテインを摂取しながら運動することで、飛躍的に筋肉をつけることができ、痩せやすい体質に改善できます。

つまり、プロテインを摂取する際、運動しないよりも運動した方がより効率的に筋肉をつけることができて、基礎代謝が高く痩せやすい体質に改善できます。

449437

プロテインダイエットのやり方

プロテインダイエットのやり方としては、以下の3通りのやり方が主流となっています。

(a) 置き換えダイエット

置き換えダイエットでは、3食のうち1食をプロテイン食品で置き換えます。
1食分の食事をプロテイン食品に置き換えるため、一日のカロリー摂取量が減ることでダイエットが可能になります。

また、三食のうち、どれを置き換えても問題ありませんが、夕食を置き換えるのが最適とされています。夕食後に活発に活動することは、あまりないため、夕食を取らずにプロテインを摂取しても、その後、エネルギー不足による空腹状態になりにくいからです。

161888

(b) 食事の前にプロテインを摂取し、食事の量も減らす

三食の食事の前にプロテインを飲んで、その後の食事の量を減らします。この方法でも一日のカロリー摂取量も減ることにより、減量が可能となります。

食事を減らす目安としては一日で「300Kcal」です。「300Kcal」の減量とは、例えば、ご飯の量を二~三分の一程度減らす量です。

(c) 三食の食事の間にプロテインを摂取する

三食の食事の間にプロテインを摂取した場合、一日のカロリー摂取量がむしろ多くなります。このため、運動するなどして筋肉を増やして基礎代謝を上げていく必要があります。

運動をする場合、プロテインを摂取するタイミング

運動後30分にプロテインを摂取する

運動をしながらプロテインダイエットをする場合、運動を終えた後、30分経過後にプロテインを摂取するのが、ベストタイミングとされています。

運動後30分経過後にプロテインを摂取すると、筋肉への吸収率が高まり、最も筋肉がつきやすくなります。

130871

プロテインダイエットの注意点

必要以上に大量のプロテインを摂取しないようにする

タンパク質を多く摂取しすぎると、タンパク質を分解するために、腎臓に負担がかかってしまいます。

プロテイン食品の説明書等に記載されている、プロテインの最大摂取量を超えないように、プロテインを摂取していきましょう。