スクワットダイエットでは下半身を鍛えることで下半身痩せてスタイルが良くなり、血行が良くなってむくみや冷え性なども改善されます。ここでは、スクワットダイエットの効果と正しいやり方について解説します。

282254

スクワットダイエットの効果

筋肉が増えて痩せやすい体質に改善

スクワットでは、全身の筋肉が鍛えられるため、筋肉量が増えます。筋肉量が増えると、基礎代謝が増えて、少し運動しただけでも痩せられる体質に改善されます。

340049

お腹回りが引き締まる

お腹がぽっこりと膨らんでいる原因は筋肉量が少ないからです。スクワットで筋肉量を増やすことで、脂肪が燃焼されやすくなり、お腹回りが引き締まることになります。

また、スクワット15回は、腹筋500回に相当するため、スクワットをすることで腹筋が急速に鍛えられます。腹筋が鍛えられることで、お腹回りも引き締まることになります。

097758

ヒップアップ効果

スクワットをすることで、お尻の中殿筋や大殿筋の筋肉がつくため、引き締まったお尻になるヒップアップ効果が見込めます。

スタイルが良くなる

スクワットで全身の筋肉が鍛えられるため、全身に筋肉がつくことで、体がひきしまり、スタイルも引き締まることで良くなります。

097793

下半身痩せ

スクワットでは特に下半身が鍛えられます。とくに太ももの筋肉がつくため、下半身を効果的にやせられます。

ちなみに、ボディビルダーのように下半身を筋肉で太らせるには、相当の筋トレをしなければならないため、スクワットで筋肉太りになる心配は特に必要ないとされています。むしろ、スクワットでは適度な筋肉がついて脂肪が燃焼されて痩せることになります。

姿勢が正しくなる

スクワットにより、下半身だけでなく背筋や腹筋もきたえられるため、姿勢が良くなり、立ち姿も良くなりスタイルが改善されます

045085

血行改善

スクワットにより、ふくらはぎにも筋肉がつきます。ふくらはぎは第二の心臓ともいわれ、ふくらはぎに筋肉がつくことで、血行が良くなり、老廃物も排出されやすくなります。このため、血行不良により起こる冷え性やむくみも改善され、老廃物が排出されることで、肌荒れも改善される美肌効果も発揮されます。

192039

スクワットダイエットのやり方

スクワットの正しいやり方

正しいスクワットのやり方は以下の通りです。

1. 足は肩幅程度に開く。また、両手を前にまっすぐ前に伸ばす
2. ゆっくり腰を下ろし、太ももが床と水平になるまで腰を下ろす
3. ゆっくりと腰を上げて元に姿勢に戻す。

また、以下の動画も、スクワットのやり方の解説として参考となります。

スクワットの回数

10~50回程度を目標にします。最初のうちは、スクワット数回でも筋肉通になるため、効果的となります。徐々に回数を増やしていきましょう。

また、以下のようにセットでスクワットをこなすのも効果的です。

・10回スクワットを2セット
・15回スクワットを3セット

また、スクワットは、毎日やるかもしくは、2~3日おきでも十分に効果が発揮されます。

まとめ

スクワットダイエットでは、筋肉をつけて新陳代謝を増加させることで痩せやすい体質に改善されます。この場合、ゆっくりと痩せられるため、リバウンドの心配も特に必要ありません。

また、スクワットダイエットでは、下半身の筋肉を中心に鍛えられるため、スタイルが改善される特徴があります。例えば、お腹回りがへこみ、ヒップアップ効果も見込めます。

また、血行が良くなることで冷え性やむくみも改善されることになります。