体内で1日に約5000個のカン細胞が生まれています。免疫力を高めると、ガン細胞を退治し、風邪などの病気になりにくくなります。そこで、免疫力を高める食材について解説します。

470961

免疫力を高める食材

免疫力を高める食材は、主に、抗酸化力がある食材、殺菌力がある食材、腸内環境を整えてくれる食材があります。また、体温が1度上がると免疫力が約60%も上がるため、体温を上げる食材も免疫力を上げてくれます。

アリシン

ニンニク

480647a3062f54d4f6702f1e625a6cf4_s

ニンニクに含まれるアリシンは、ニンニクの独特のにおいの元であり、強い殺菌作用があります。例えば、インフルエンザや風邪などのウィルス、肝炎ウィルス、赤痢菌、淋菌、チフス菌を殺菌してくれます。また、ニンニクはガンの予防効果が高い食材としても知られています。

1日の摂取量は生なら1片、加熱した場合2~3片です。食べ過ぎると胃炎などになるので注意が必要です。また、効果は2日程度で消えるため、毎日か2日ごとに食べることで殺菌効果を持続させることができます。

・アリシンを含む食材例…にんにく、タマネギ、長ネギ、ニラ

ジンゲロール

生しょうが

5aa421ff44936cfbeaea9a5e7b48c0dc_s

ショウガの辛み成分であるジンゲロールはウィルスを殺菌して免疫力を上げる作用があります。

また、ショウガを加熱すると、ジンゲロールはショウガオールという成分に変化します。ショウガオールは、血液の流れを良くして体温を上げてくれるため、免疫力が上がります。免疫力は体温が上がるほど効果が増大するからです。

まとめると、しょうがは、生で食べても加熱しても免疫力が上がることになる食材です。

イソチオシアネート

イソチオシアネートの抗酸化作用により免疫力がアップします。

大根

433c86f4b9d5c6d120283b5b3f33f731_s

大根に含まれるイソチオシアネートは、大根の辛み成分であり強い抗酸化作用があり、免疫力を上げてくれます。また、ファイトケミカルという成分も免疫力アップに貢献します。また、大根には食べ物の消化を助ける作用もあります。

・イソチオシアネートを含む食材例…大根、ブロッコリー、かぶ、キャベツ

腸内環境を改善

腸内環境を整えると便秘改善や美肌効果がありますが、実は免疫力とも大きく関係してきます。体内の免疫細胞の約70%は腸に存在するため、腸内環境を整えることが免疫力アップに繋がります。例えば、乳酸菌は、ウィルスを攻撃するIgAを増殖する働きがあります。

ヨーグルト

299f877640d837fbdf630f0c85f5fca7_s

ヨーグルトを食べることで腸内の善玉菌を増やしてくれます。つまり、ヨーグルトは免疫力アップに大きく貢献します。

ヨーグルトは食後に食べることで特に効果が発揮されます。食後は胃酸が薄くなるため、乳酸菌が腸まで到達しやすくなるからです。

1日の摂取量の目安は約100グラムです。

バナナ

2c8a1f56f10d87c216c5bd3522c5f5d5_s

バナナに含まれるオリゴ糖は、善玉菌のエサとなり腸内環境を整えてくれるため、免疫力が高まります。

また、バナナには白血球の数を増やし、また、白血球の質を向上してくれるため、免疫力を上げる効果があります。

また、バナナは、すぐに食べるよりは日数がたつほど、免疫効果が増大するとされています。

また、フルーツの中でバナナは、かなり多くのカリウムを含みます。このカリウムは血中の塩分を排出する作用があり、塩分の摂りすぎを防止するガン対策としても効果的です。

納豆

f8a8ea0fc7036b29c3c3ef3b14f03be4_s

納豆に含まれる納豆菌は善玉菌を増やしてくれるため、腸内環境が改善されます。善玉菌が増えることで、老廃物も排出されやすくなり、肌荒れ防止してくれる効果もあります。

また、納豆はイソフラボン、ビタミンB、ビタミンE、カルシウムなど栄養が豊富に含まれる特徴もあります。

納豆に腹案れるサポニンは、動脈硬化やガンを予防してくれます。1日の摂取量は、1パックが目安となります。

βカロチン

かぼちゃ

6eef77067d05613fcec9a26434b4e2da_s

かぼちゃに含まれるβ-カロテンには抗酸化作用があり、免疫力を高めてくれます。また、かぼちゃはガンの予防にも効果的とされています。

ビタミンC

体内に活性酸素が過剰発生すると、細胞にダメージを与えて、免疫力が低下します。この場合、抗酸化作用がある食材を食べることで、この活性酸素を撃退してくれます。
ビタミンCには、抗酸化作用があり、免疫力を上げてくれます。

ブロッコリー

f5f25226489eff0285454a7e902959d3_s

ブロッコリーには、キャベツの約3~5倍、レモンの約2倍のビタミンCが含まれています。レモンよりもビタミンCが多いのは驚異的ですね。また、カロチン、ビタミンB、リンなども含み栄養が豊富です。

ビタミンCを多く食材例…ブロッコリー、レモン、キャベツ、ダイコン、ジャガイモ、キウイ、水菜、カブ、レンコン

免疫細胞のアップ

レタス

d94747ca0894d69586fcdb0da8f240cc_s

レタスを食べると免疫細胞の一つである「TNF-α」が活性化され、免疫力が高まります。

「TNF-α」を活性化する食材例…レタス、小松菜、ほうれん草、白菜

イミダペプチド

鶏のむね肉

cc2a999f901e32508eace76ba2569660_s

鶏のむね肉に含まれるイミダペプチドには、疲労や筋肉を回復する働きがあります。疲労が回復することで免疫力が上がります。

鶏のむね肉の1日の摂取量の目安は100グラムです。

カテキン

お茶

144749

お茶に含まれるカテキンには、抗酸化力があり、ウィルスを退治してくれます。

カテキンを多く含むお茶例…緑茶、ルイボスティー、プーアル茶

※なお、食物以外で免疫力を上げる方法の記事はこちらです。
【万病対策!】免疫力をアップさせる方法