水ダイエットでは、水を単に飲むことで基礎代謝が上昇し、体内から老廃物を出してくれるため、美肌効果もあるダイエット方法です。ここでは、水ダイエットの効果とやり方について解説します。

219522

水ダイエットの効果

基礎代謝が上がる

水を飲むと体温が下がります。体温が下がると、元の体温に戻そうとする働きにより、基礎代謝が上がり、エネルギーが消費されることで、体重が減少することになります。

090957

食欲が抑制される

水を飲むと、水で胃が膨れるため、満腹感を感じることになります。また、水を飲むと胃液が薄まるため、食欲が抑制されます。

つまり、食前に水を飲むと食欲が抑制されるため、食事の量も減り、減量することができます。

097756

体内の老廃物を出してくれる

水を飲むことで、尿や汗などとして、体内から老廃物を出してくれます。体内から老廃物を出してくれるので、より健康な体に体質改善されることになります。

089302

便秘を改善

水を飲むことで、胃が刺激され、また、便が柔らかくなるため、便秘が解消されることになります。

美容効果

433421

水ダイエットにより、体内から老廃物を出してくれるため、老廃物が原因の肌荒れもなくなる美容効果があります。また、乾燥肌を解消してくれるため、肌に潤いが出てきます。また、水を飲むことで、体内が「きれいな水」で満たされるため、肌の透明度が増します。

顔や脚のむくみが解消

顔や脚のむくみの原因として、リンパの循環が悪くなることで、皮膚に老廃物が黙るケースがあります。この場合、水を飲むことで、リンパの流れが向上し、むくみの原因となる皮膚内の老廃物が排出され、顔や脚等ののむくみが解消されます。

192039

水ダイエットのやり方

飲む量の推奨は1.5~3リットル

水ダイエットとして、水を飲む量は1.5~3リットルが推奨されています。人間が一日に体内から名移出される水分は約2リットルと言われていることがも、妥当な数字と言えます。

一方、水ダイエットに慣れておらず、水を1.5~3リットルも飲めない場合には、徐々に飲む量を増やしていくようにしましょう。

こまめに水を飲む

038951

大量に水を飲むと、急激な体の変化により、体調を崩す場合があります。水はこまめに飲むようにしましょう。

常温の水を飲む

冷たい水を大量に飲むと、腸が委縮して、食べ物を十分に消化できず、下痢の原因となってしまいます。下痢になると、体内の水分が急速に失われるため、リンパの流れが滞り、体のむくみが発生してしまう場合があります。従って、水ダイエットでは常温の水を飲むようにしましょう。

軟水と硬水について

硬水は、ミネラルが豊富なため、腸内環境が改善されるため、便秘や美容に効果的ですが、硬水は、軟水より飲みずらいことが知られています。

従って、好みに合わせて、水ダイエットの高い効果を得たい場合には硬水を、水の飲みやすさを重視するなら軟水を飲むようにしましょう。

水ダイエットとしてお茶を飲むのは避ける

お茶を飲むと、体内の腎臓は、水以外のお茶の成分を異物として判断して、お茶の成分を分解する処理が始まります。つまり、お茶を大量に飲むと腎臓に負担がかかることになります。

また、お茶の利尿作用により、体内の水分が急速に失われ、リンパの流れが滞り、むくみが逆に発生する場合もあります。

したがって、お茶は適量であれば問題ありませんが、水を数リットル飲む水ダイエットでは、お茶は好ましくないと言えます。
詳しくは以下のページを参照⇒水ダイエットでは、お茶より水が最適な理由

水を飲む時間帯

食前に適量の水を飲む

食前にある程度の水を飲むことで、胃が膨れることによる適度な満腹感が得られるため、食事の量を減らすことができます。

食後すぐには水を飲まないようにする

食後、直ぐに水を飲むと胃液が薄まり消化不良を起こすことがあります。従って、食後に大量の水を飲まないようにしましょう。

入浴の前後に水を飲むのも最適

入浴時には大量の汗により、水分が体内から大量に失われます。従って、入浴前後に水を飲むのは、最適なタイミングの一つになります。

087351

寝る前に大量に飲まないようにする

147737

寝る前に水を大量に飲むと、睡眠時間中に頻繁にトイレに行くことになり、睡眠の質が低下して健康を害する場合もあります。従って、寝る前に水を飲む場合には、大量ではなく適量の水を飲むようにしましょう。

飲むべき水の種類

水ダイエットをする際の水の種類として、以下のものがあります。
・水道水
・ペットボトル
・ウォーターサーバ

水道水でも、もちろん水ダイエットは問題なく可能ですが、水道には塩素や多少の細菌が入っています。

水の味や衛生面を気にされる方の場合には、ペットボトルやウォーターサーバで水ダイエットした方が好ましいでしょう。また、ペットボトルやウォーターサーバの場合、水の種類(硬水、軟水、バナジウム水等)を選べる利点もあります。