水ダイエットでは、飲む対象としてお茶より水の方がはるかによく、お茶は避けたほうが良いでしょう。もちろん、通常時にお茶を飲むことは、まったく問題はありません。一方、水ダイエットとして、水の代わりにお茶を1~2リットルと大量に飲むことは、好ましくないというお話です。

144749

お茶のカフェイン作用

お茶にはカフェインが含まれているのものがほとんどです。カフェインには体を冷やす効果があるため、お茶を飲むと基礎代謝量が減少するため、水を飲んで基礎代謝を上げることが目的の水ダイエットには不向きとなります。

お茶の利尿作用

お茶を飲むと、お茶の利尿作用により、体内が水不足となります。

体内が水不足になると、体内のリンパの流れが悪くなり、皮膚内に老廃物や水がたまりやすくなり、顔や手足のむくみの原因になってしまいます。従って、お茶に関しては、適量以上に大量に飲むことは避けた方がよいでしょう。

腎臓に負担をかける

お茶を飲むと、水以外のお茶の成分を腎臓は異物と判断して、腎臓で分解する処理が必要となり、腎臓に負担をかけてしまいます。つまり、お茶を大量に飲む場合には、腎臓の負担が大きくなってしまいます。

まとめ

お茶を大量に飲むと腎臓に負担をかけてしまうなどの理由から、お茶を水ダイエットの対象として数リットル程度に大量に飲むのは避けた方がよいでしょう。

もちろん、お茶は適量だけ飲む分には、お茶の健康効果が様々な点からよく知られているように問題ないことになります。