記事の画像に関するalt属性などを設定することは、画像検索にヒットされやすくなるため、SEO的に有効であり、ブログへのアクセスアップも見込めます。

109014

alt属性とは

alt属性とは、以下のようなhtml上で画像を意味するimgタグのalt属性のことを指します。また、画像の読み込みが遅い場合、このalt属性の内容が、文字として画像が表示される予定の位置に表示されることになります。

<img src=”kuma.png” alt=”熊” />

alt属性に文字を入力する利点

 画像検索から流入が見込める

画像自体の意味をgoogleの検索システムでは、判断できず、alt属性の内容から、画像の意味を判断します。従って、画像検索した場合、altの文字内容から判断して、検索結果に画像が表示されることになります。

例えば、熊の画像のalt属性に「熊」と書いて置くことで、googleで「熊」と画像検索した場合、画像検索結果に「熊」と表示される場合があります。つまり、画像検索を介して、ユーザが自分のサイトに流入するため、アクセスアップが見込めます。

画像に関するSEOテクニック

以下のように、画像のhtmlを設定することで、検索エンジンにとって画像の内容が把握しやすなり、結果的にサイトへの流入が増加することになります。

画像ファイルのalt属性に画像の内容を記述する

画像ファイルのalt属性には、何文字でも入力できますが、画像を端的に表現した内容が好ましいとされています。例えば、有珠山の画像なら「有珠山」のようにシンプルに記述します。

alt属性を画像を端的に表現した内容にすることで、検索エンジンも混乱せずに画像の内容が把握しやすくなり、画像検索にもヒットされやすくなります。

避けたほうが良いalt属性の例

 ※画像と関係のないキーワードなどをalt属性に埋め込むとスパムとみなされるケースもあるため注意しましょう。
 ※alt属性にキーワードをたくさん埋め込むのも同様にスパムとgoogleからみなされるケースがあります。

画像リンクを使用する場合にも、必ずaltに画像の内容を記述する

画像リンクを使用しなければならないケースがあります。この場合、画像ファイルのalt属性に、画像の内容を記述するようにすることで、alt属性の内容が、テキストのリンク文字列と同様に検索エンジンに扱われるようになります。

画像ファイル名を、画像の内容を意味する文字にする

検索エンジンは、altタブのほかに画像の名前からも、画像の意味を判断します。従って、画像の名前を例えば、意味のない数字(例 123.jpg)にするよりは、意味のある名前(例 熊.jpg)にするようにします。この場合、画像検索から自分のサイトへの流入が見込めることになります。