これまで、仕事の関係などでパソコンを十数台所有していましたが、ある日突然パソコンが動かなくなるケースなど、様々な故障事象に遭遇しました。

ということで、パソコンの故障例と故障しないための予防対策についてまとめました。

080304

パソコンの故障例と対策

キーボードが突然動かなくなる

例えば、以下のような場合、キーボード内部の電子機器の接触不良で、キーボードが突然動かなくなる場合があります。

・キーボードに液体をこぼした場合
・キーボードに付着したホコリが、隙間からキーボード内部に侵入した場合

参考までに私の場合、キーボードに牛乳をこぼして、キーボードが動かなくなりました。原因は、こぼした牛乳がキーボード内部で固化して接触不良を起こしていました。そこでヨドバシカメラに修理を出したところ、修理の見積もり料金は、なんと9万円でした。キーボード系の修理では部品を全て取り換えるケースが多く高額になるそうです。ちなみにパソコンの値段は約4万円でしたので、当然この修理はキャンセルすることにしました。

058064

故障の防止策

この場合の防止対策は、キーボードに液体をこぼさないようにします。また、キーボードの表面を常にきれいに保ち、ほこり等がキーボードに付着しないように気を付けます。

キーボードが動かなくなった場合の対処法

キーボードが動かなくなった場合、パソコンを買い替えるよりも、外付けキーボードを購入する方が、はるかに安く済みます。外付けキーボードとは、主にUSB接続でパソコンにつなぐキーボードのことであり、値段は1000円~3000円程度で比較的安価です。

アップデート中に電源を切ってしまう

アップデート中に電源を切ってしまうと、ソフトウェアが中途半端にインストールされて、パソコンが動かなくなるケースがほとんどです。

故障の防止策

アップデート中に電源を切らないように注意します。

パソコンが動かなくなった場合の対象法

この場合、パソコンを初期化するか、もしくはパソコンを買い替える他なさそうです。

USBの接続不良

パソコンのUSBを何回もつけ外ししていると、段々と接続不要を起こしてまい、USB接続が使えなくなる場合があります。

f8cf42bdcefecb3aad2cfc8e0bee57a1_s

故障の防止策

パソコンのUSBを何回もつけ外ししないのが一番の防止策です。

しかしながら、USB接続対象の機器(マウスや外付けHD)が多くあり、何回もUSBをパソコンからつけ外しする必要があるケースもあります。

この場合、USBハブを購入するのが有効です。パソコンにUSBハブを繋ぎ、USBハブとUSB接続対象の機器(マウスや外付けHD)を接続します。この構成にした場合、USBハブの接続箇所がすり減って使えなくなっても、USBハブを交換するば済むことになります。

なお、USBハブには、「電源不要のUSBハブ」と「電源供給型のUSBハブ」の2種類があります。おすすめは、「電源供給型のUSBハブ」です。「電源不要のUSBハブ」の場合、USBコードが長くなると、電源不足により接続が切断されてりまうケースが多発するからです。

044898

電源コードの接続不良

パソコンとパソコンにつなぐ電源コードが接続不良になり、パソコンに電源を供給できなるケースです。原因は、パソコンを動かすたびに、パソコンにつなぐ電源コードの可動してしまい、徐々に接続不良を起こしてしまう例がよくあります。この場合、パソコンの使用中に電源コードを動かすと、接続不良でパソコンの電源が切れる事象がよく起こります。

故障の防止策

パソコンと電源コードとの接続箇所が可動しないようにテープで固定するのが良いと思います。いずれの方法にせよパソコンと電源コードとの接続箇所が動かないように、しっかりと固定させるのが一番です。

極端にパソコンが遅くなる

パソコンを長年使っていると、徐々にパソコンの挙動が重くなるケースがあります。原因としては、ブラウザの挙動が重くなるケースと、パソコンの処理速度が追いつかなくなるケースなどがあります。

ブラウザの挙動が重くなるケース

たとえば、インターネットエクスプローラが非常に重くなる場合です。この場合の対策としては、インターネットエクスプローラのキャッシュをすべて削除する方法や、インターネットエクスプローラから別のブラウザ(例 クロムやfirefoxなど)に変更するやり方があります。

パソコン自体の処理速度が重くなった場合の対処法

・OSを変更する

例えば、windows vista やwindows7の場合、非常に挙動が重い傾向にあります。この場合、winodws10やwindows8にOSを変更するのが手っ取り早くなります。

・パソコンを買い替える

10年前のパソコンと現在のパソコンとでは処理速度が約1000倍程度異なります。このように、パソコンを長年使用していると、パソコンが重くなるのはパソコンの宿命となります。この場合、パソコンを買い替えるのが最善となります。