水素水ダイエットの口コミの一部では、「水素水にダイエットの効果がない」など、水素水ダイエットの効果に疑問が挙がっています。実際のところ、水素水に健康的な効果は本当にあるのでしょうか?

水素水の効果に関する科学的根拠(医学的根拠)について解説します。

448597

水素の効果に関する論文が2007年に発表される

2007年に日本の研究者(太田成男教授)が水素の抗酸化効果に関する論文が「ネイチャー メディシン」(Nature Medicine)に発表され、非常に注目を集めました。

また、この論文を機に、水素に関する論文が数百発表されており、論文数も年々増加傾向にあります。

水素の抗酸化作用とは

胞内の活性酸素は、細胞を酸化させることで、細胞が傷ついて病気や老化を引き起こすことが知られています。
また、活性酸素には、「善玉」活性酸素と「悪玉」活性酸素の2種類あり、「悪玉」活性酸素が人体に悪影響を及ぼします。

2007年の論文では、水素が、体に良い影響を与える「善玉」活性酸素には作用せず、体に悪影響を与える「悪玉」活性酸素のみを除去することが判明しました。

つまり、水素には、老化や病気の原因の一つである活性酸素を除去する作用があることがわかりました。

詳細は、以下の太田教授のインタビュー記事に書かれています。
悪玉活性酸素だけを狙い撃ちする「水素」は、無限の可能性を秘めています

※水素水は雑菌が入りやすいので注意

太田教授のインタビューでは、水素水は通常の水より雑菌が入りやすいので、水素水を飲む際、水素水の衛生面には気を付けましょうと、発言されています。

つまり、水素水ダイエットの際に選択する水素水は、雑菌が入りやすい「水道水から水素を生成するやり方」よりは、「水素水のペットボトル」や「水素水のサーバー」の方が、衛生上好ましいと言えます。

水素水を飲むことでマウスの肥満が防止

上述した水素の抗酸化作用に加えて、水素水を飲むことでマウスの肥満が防止される研究も、日本医科大学他の研究チームにより発表されています。

この研究では、水素水を飲ませたマウスと、ただの水を飲ませたマウスでの経過を比較しました。
・水素水を飲ませたマウス
・ただの水を飲ませたマウス

実験の開始から数週間後、水素水を飲ませたマウスは、他のマウスに比べて、体脂肪率は約5%低くなりました。つまり、マウスに水素水を飲ませることで、脂肪の蓄積を抑えることがわかりました。

この理由は、水素水を飲むと、肝臓に集まった水素が、肝臓の酸化を抑えることで、脂肪の蓄積が抑えられるからです。また、水素水を飲むことで代謝が活性化されることでも、体重が減少する効果が発揮されます。

以上の研究から水素水には、肥満予防効果があることがわかります。

本サイトの水素水ダイエットに関する記事はこちらです。
【疲労回復・美容にもよい】水素水ダイエットの効果とやり方

FDA(アメリカ食品医薬品局)も水素の抗酸化作用を承認

FDA(アメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration))は、2014年11月に水素の安全性が確認されました。今後、安全性の高い水素水は、世界的に普及していくだろうと考えられます。

副作用について

太田教授も指摘されているように、体に取り込まれた水素は身体から体外に自然と排出されることから、水素には副作用がないことが通説となっています。

まとめ

以上のように、水素の抗酸化作用に関する科学的に十分に根拠があり、また、アメリカでも水素の抗酸化作用の効果が認められています。水素水の抗酸化作用に関しては信頼性が高い効果の一つと言えます。