ping送信は、SEO対策として古くから知られてる手法です。現在でも正常に動作しているpingサーバーがいくつかあるため、ping送信は、アクセスアップのための有力な手法の一つです。

276447

ping送信とは

そもそも、ping送信とは、記事を新規作成、更新する際、記事の情報をpingサーバーに登録させることです。

利点としては、記事がpingサーバーに登録されると、pingサーバーから、特定の新着ブログラング等に当該記事が表示されることで、アクセス数がアップします。また、クロールにも登録されやすくなるため、インデックスに基づいて、登録記事が検索されやすくなり、SEO的にも有利に働きます。

ping送信の送信先一覧

ping送信の送信先一覧は、以下の通りです。以下をコピペして、自分のブログやサイトで早速、ping送信を設定してしまいましょう。

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.fc2.com/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://pingoo.jp/ping/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://serenebach.net/rep.cgi
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://taichistereo.net/xmlrpc/
http://www.i-learn.jp/ping/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://www.hypernavi.com/ping/
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.speenee.com/xmlrpc
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://www.blogstyle.jp/
http://xping.pubsub.com/ping/
http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx

登録が不可欠な場合のping送信について

例えば、日本ブログ村のような、登録が不可欠なサイトに対してping送信をしたい場合、登録が不可欠になります。つまり、例えば、日本ブログ村に登録しなければ、ping送信しても、正常に働いてくれません。

登録が不可欠なサイトのping送信先のurlは、当該サイトに無料登録後に、例えばマイページでping送信先のurlを取得することができます。

ワードプレスの場合のping送信の登録のやり方

上記のping送信先のurlを、ワードプレスで設定したい場合、管理画面の左サイトメニューから[設定]を選択して、[投稿設定]をクリックします。(下図参照)

[投稿設定]画面の[更新情報サービス]欄に、上記でコピーしたping送信先一覧をペースとして[変更を保存]ボタンを押します。

ping

また、ワードプレスではなく、各無料ブログの場合、各説明書に従って、ping送信先を登録してください。

登録が完了すると、ブログなどの記事を新規作成、更新した場合、登録したping送信先のurlに、自動的に送信されます。

以上のように、ping送信先のurlを登録することで、検索順位のアップやアクセス数のアップに貢献することになります。