記事の見出しを最適化した場合、記事のタイトルほどではないものの、クローラに理解しやすい構造になり、ユーザーにとっても記事の理解がしやすくなり、結果的にアクセスアップにつながります。
 ※ここで「見出し」とはh1~h6のタグ構造になります。

273678

最適化した見出しの効果

クローラーが記事の内容を理解しやすくなる

見出しをわかりやすい構造にした場合、検索順位を決定するために、サイトを巡回しているgoogleのロボット(クローラ)がサイトの構造を把握しやすくなり、検索順位を決定しているインデックスが作られやすくなります。

ユーザーが記事の内容を把握しやすくなる

サイトに流入したユーザーは、最初に見出しを見て、記事を読むべきか否かを決定する場合がよくあります。仮に、見出しの内容や構造が分かりづらい場合、記事の内容を瞬間的に把握できなくなり、ユーザーは別のサイトへ遷移してしまいます。

逆に、見出しの内容や構造が分かりやすい場合、記事の滞在率が増加し、すぐに別のサイトへ遷移する直帰率も減少し、当該記事に対するgoogleの評価も上がることで、検索順位も上がることになります。

見出しを最適化するテクニック

見出しを記事の内容に合わせる

記事の内容とは、あまりに異なる内容の見出しにした場合、googleのクローラが混乱するため、インデックが作成しづらくなります。また、当該記事を初めて見たユーザも混乱するため、記事の滞在率が減少してしまいます。

従って、記事の内容と見出しの内容を合わせるようにしましょう。

h1タグの見出しは、1記事に1個

1記事に対するh1タグの見出しの数は、慣例上、1個が好ましいとされています。また、記事のタイトルタグとh1タグの見出しとを同じにすることで、クローラが記事の内容を把握する際、混乱しにくくなり、インデックスが作成されやすくなります。

見出しタグを正しい順番にする

見出しタグの順番が、例えば、h2→h4→h3のように正しくない場合、クローラはもちろん、記事を見ているユーザにとって混乱をまねきやすくなります。見出しタグを正しい順番にすることで、記事がわかりやすくなり、ユーザの滞在率も上昇し、結果的に検索順位がアップしアクセス数が増加することになります。

見出しタグの内容を分かりやすくする

サイトに流入したユーザは、最初に記事のタイトルと見出しを見て、読むべきか否かを決定することになります。従って、わかりやすい見出しにすることで、ユーザの滞在率も上がり、サイトのアクセス数の上昇に繋がります。

見出しの内容をシンプルにする

記事を初見したユーザは、数秒で記事のタイトルや見出しを見て、記事を読むべきか判断します。つまり、見出しを、瞬間的に読んだだけで把握容易になるように、シンプルな形にした方が良いでしょう。

※SEO的に好ましい記事のタイトルの作り方は、以下のページで解説しています。
アクセス数をアップさせる、効果てきなタイトルのつけ方