記事のタイトルのつけ方次第で、当該記事へのアクセス数が大きく異なります。また、サイトのSEO的にも有利になるように、効果的な記事タイトルをつけるようにしましょう。

094782

記事のタイトルとは

記事のタイトルとは、この記事の場合、「アクセス数をアップさせる、効果的なタイトルのつけ方」がタイトルになります。また、このタイトルは、googleの検索結果の冒頭に表示されます。

以下では、SEO的に効果的なタイトルのつけ方について説明します。

記事の内容との関連性をもたせる

記事のタイトルが記事の内容とかけ離れていると、当該記事の検索順位が上位に上がりにくいことが、よく報告されています。したがって、記事のタイトルは、記事と関連性をもたせるようにしましょう。

タイトルの文字数は30文字以内にする

検索結果に表示されるタイトルの文字数は約30文字です。タイトルの文字数が多すぎて検索結果に表示されず隠れてしまうことを防止するため、タイトルは30文字以内にしましょう。

キーワードは3個以内にする

タイトルに入れたキーワードの数が多すぎると、どのキーワードでも検索結果に当該記事がひっかからないことになります。従って、タイトルにキーワードを詰め込みすぎずに3個以内にしましょう。

また、キーワードが0個の場合には、インデックスが作成されず、そもそも検索結果に表示されないケースもあるため、記事のタイトルとして、必ずキーワードを1個以上入れる必要があります。

タイトルに具体性をもたせる

具体性をもたせることで、検索時に記事のタイトルを見たユーザは、記事の内容をより具体的に連想できるため、当該記事のクリック率が上昇します。

タイトルを魅力的・独創的にする

タイトルは、シンプルな方が、ユーザにとってわかりやすですが、あまりにシンプルな場合、ユーザにとって魅力的ではなくなるケースがあります。同様に、平凡なありふれたタイトルの場合も、見慣れたユーザにクリックされにくくなります。

つまり、ユーザにとって魅力的・独創的なタイトルにすることで、記事のクリック率が上昇します。また、魅力的・独創的なタイトルは、ツイッターやfacebokで拡散されやすくなります。

記事の内容が役立つと思わせるタイトル

また、記事の内容がユーザーにとって得する、役立つと思わせるようなタイトルにすることで、クリック率も上昇します。

タイトルに関連キーワードも入れる

タイトルには、通常メインとなるキーワードが1,2個含まれていますが、さらに関連キーワードも含めた方が、検索されやすくなります。また、記事のタイトルの単語が思いつかない場合も、関連キーワードが参考になるかもしれません。

関連キーワードを取得できるサイトとしては、例えば、googlekeywordや、本サイトの関連キーワードのページもあります。

本サイトの関連キーワードを取得できるリンク一覧の記事はコチラとなります。
おすすめのgoogleサジェストのキーワード取得ツール