山や海で宿泊用テントや日よけ用のテントがあると便利・快適ですよね。一方、テントの種類・タイプは多数あり、テントの選択にやや迷う場合もあります。ということで、テントを購入する際に注意すべき点について解説します。

508427

シングルウォールテントかダブルウォールテント

シングルウォールテントとは、1枚のシート(布地等)から成るテントのことを指します。一方、ダブルウォールテントとは、2枚のシートから成るテントです。このシート数の差により、両者の性能は大きく異なります。

シングルウォールテントの利点

シングルウォールテントとは、以下のように1枚の生地から成るシンプルな構成であり、幾つかの利点があります。

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) ハイライト [1~2人用] BD80040

テントが軽量

シングルウォールテントは、1枚のシートから構成されるため、軽量で持ち運びに便利です。

テントの設営が楽

シングルウォールテントの場合、ワンタッチで設営できるテントもあり、短い時間でテントを設営できます。

シングルウォールテントの欠点

結露しやすい

シングルウォールテントの場合、テント全体が1枚のシートから成るため、テント内外の温度差などにより、テント内部が結露してしまうケースがあります。場合によっては、テントの床が濡れて、シュラフ(寝袋)も濡れるケースがあります。

ちなみに、この場合、ゴアテックス性のシュラフを使用することで、シュラフ内部が濡れるのを防いでくれます。ゴアテックス性のシュラフの場合、内部で結露が発生しないため、高価ですがかなり強力です。テント内部がプール状態でも、ゴア性のシュラフで体は全く濡れず熟睡していた知人を知っています(笑)。

ダブルウォールテントの利点

ダブルウォールテントとは、以下のように2枚の生地から成る特徴的な構造であり、幾つかの利点があります。

MOBI GARDENアウトドア用品 山登りやキャンプ3~4人用ダブルウォールテント 風格3AIR

結露しにくい

ダブルウォールテントでは、テントが2枚のシートでできているため、外側の1枚目に結露が発生しても、2枚目でしかっかり防止してくれます。このため、テントの内側で結露により室内が湿ることも少なくなります。

通気性がよい

ダブルウォールテントでは、外側の1枚目のシートの密封性を高くして雨風を防ぐことで、内側の2枚目のシートの通気性を良くすることが可能です。このため、ダブルウォールテントは通気性がよく、テント内部で快適に過ごすことができます

ダブルウォールテントの欠点

テントが重い

ダブルウォールテントは、2枚のシートから成るためもちろん重くなります。

テント設営に時間がかかる

ダブルウォールテントは、その構成が複雑であるため、やや設営に時間がかかってしまいます。もっとも、慣れればそれほど労力はかかりません。

テントが高価

ダブルウォールテントはシングルウォールテントに比べて、構造が複雑な分、高価になります。

結局、安くて軽く、かつテント設営が楽なものを選びたい場合、シングルウォールテントが最適になります。一方、とにかく、テント内部の快適な環境を重視したい場合は、ダブルウォールテントが良いことになります。

サンシェードとテントについて

通常のテント以外にもサンシェードと呼ばれるテントがあります。
サンシェードとは、日焼けを避けるための簡易テントであり、以下の特徴があります。

・防水機能がない
・軽量でワンタッチ(2~3秒)で設営できるものもある
・2~6千円くらいで安価で手に入る

サンシェードの最大の特徴は、防水性がないケースがほとんどであることです。このため、雨天時には、テント内部に水がどんどん入りプール状態になります。このため、サンシェードは宿泊用のテントとしては使用すべき類のものではないことになります。

一方、晴天時に日よけとして、即座に(数秒で)テントを設営したい場合、サンシェードが向いています。

宿泊用のテントを購入したい場合には、ちゃんと防水機能があるかどうかも、実はチェックする必要があり、初心者にとっては注意する点の一つになります。

テントの設置方法

テントの設置の仕方は、テント設営まで数秒で終わるものから5~10分かかるものまで様々です。

ポップアップ型のテント

ポップアップ型では、数秒でテントを組み立てることができます。通常、テントは丸く(円形状に)たたまれており、テントを所定の方向にひっぱると、一瞬でテントが組み立て上がります。テントのたたみ方も、慣れれば数秒でたたむことができます。このポップアップ型のテントは主に形状記憶フレームなどを利用することで、丸い形でコンパクトにたたむことが可能になっています。

参考までに以下の動画は、ポップアップ型のたたみ方の動画です。たたみ方も慣れれば一瞬でたたむことができるので便利ですよね。

ワンタッチ型のテント

ワンタッチ式は、大体10秒程度でテントを組み立てることができます。ワンタッチ型のテントでは、ポップアップ型のテントのように形状記憶フレームは使用していませんが、ちょうど折りたたみ傘のような感じで簡単に組み立てることができるのが特徴です。

参考までに、ワンタッチ型テントを組み立てる動画は以下のとおりです。

ポップアップ、ワンタッチ以外のテント

ポップアップ、ワンタッチ以外のテントの場合、ポール(棒状のもの)やロープなどを用いて、5分~10分くらいかけて、テントを組み立てます。本格的な登山用のテントの場合、たいていこのタイプに属します。